深セン市光科ホログラフィック技術有限公司

2015年6月に設立され、中国にある「シリコンバレー」と呼ばれる深セン南山区科学技術園の海外ハイレベル人材ハイテク企業です。我が社は世界最先端のフォトニック結晶超材料フィルム核心技術と相応の知的財産権を持ち、世界最先端のフォトニック結晶型光学フィルム、波長の自由変調の光学フィルタ材料、フレキシブル両面広告用/商用表示フィルム及びデバイス、各種曲面大画面、特殊形状の複合層構造とマイクロ光学構造に基づく光学投影表示フィルム及びデバイス、ホログラフィック表示フィルム及びデバイス、次世代車載ホログラフィックHUD表示システム用光学フィルムイメージングコアを開発し、生産し、及び将来の光導波路及び光通信分野における各種光学フィルム及びフォトニック結晶材料応用技術を研究開発しています。

ニュース

適用事例