企業概要

关于光科全息

       深セン市光科ホログラフィック技術有限公司は2015年6月に設立され、ハイテク企業であり、現在深セン市南山区粤海街道ハイテク区北区新西路7号蘭光科学技術ビルB 102-105、C 505に位置し、科学研究、生産、販売を一体化した民営新材料技術企業である。会社は現在、世界トップレベルのフォトニック結晶薄膜材料の核心技術と自主知的財産権を持っており、世界トップレベルのフォトニック結晶超材料構造に基づく光学薄膜、複合マイクロレンズ構造の光学薄膜及び関連デバイスと製品を開発し、生産し、波長選択性変調を必要とする各種光学デバイスに広く応用することができ、将来、光通信、フォトニック計算,および光学ステルス超材料分野は大きな応用潜在力を発揮するように努めて参ります。

      我が社は2016年3月に正式に運営を開始した後、2年間、政府の多くの開発プロジェクトの援助を得て、製品は急速に市場に導入されており、多くの国内外の業者に採用・認可されました。我が社は製品の研究開発、工事設計、テスト検証、市場開拓などの分野をカバーする強大なチームを有しており、海外帰国技術者、上場企業の役員、創業成功者などの各分野の専門家の人材から構成されています。企業は将来性がある光通信分野の各種光学薄膜とフォトニック結晶材料の応用技術と製品の開発に力を入れています。会社の戦略ビジョンは、人類が「電子情報社会」から未来の「光情報社会」に成功することを助ける礎の一つになることを期待しています。


チームの創立者

郭濱剛博士

郭濱剛博士

国家特別招聘専門家

中央組織部「千人計画」専門家(革新長期)

深センの海外のハイレベルの人材、クジャクA、パイロットA

哈爾濱工業大学(深セン)、西安交大、深セン大学客員教授

日本国「高度人材の外国人」

日本東京大学生産技術研究所博士研究員

日本富士通、ADTEC PLASMA等研究機関研究員

NEDD及びMETI多数の大型開発プロジェクトの研究開発責任者