会社のニュース

光科が2021年「科創中国」の新鋭企業を獲得したことを熱烈に祝う

Published on: 2022-04-15    146 Reading olume

        4月13日、深セン市科学協会学会サービスセンター事務室の王媛主任一行は深セン市光科ホログラフィー技術有限会社を訪れ、光科副社長の屈立軍氏は来賓の皆様を心から接待した。


        中国科学技術協会が設立した2021年度の「科学創中国」シリーズランキングは、革新がリードする国境を越えた協力の活力を引き出し、科学技術革新が質の高い発展を駆動する風向計を構築し、「科学創中国」建設を深化させ、「科学創中国」試験都市の生物医薬、資源環境、電子情報、装備製造、先進材料、現代農林の6大分野における産業革新需要に焦点を当て、いくつかの先導技術、いくつかの新鋭企業、いくつかの産学研融通組織を紹介する。


        今回の2021年「科学創中国・新鋭企業ランキング」は、各全国学会、協会、研究会、各省、自治区、直轄市科学協会、新疆生産建設兵団科学協会、「科学創中国」パイロット都市(園区)、「科学創中国」連合体メンバー部門及びその他の各関係部門が推薦を申請し、共に100社の重要核心技術を突破し、科学技術革新を先導とし、パイロット都市(園区)の質の高い発展に顕著な貢献をした企業。組織の募集から、専門家の初評価、ランキングの最終審査まで、3ヶ月の審査を経て、光科ホログラフィーはメタマテリアル分野で核心技術の知的財産権と画期的な研究を持っていることによって、ランクインすることができて光栄です!


uploads/image/20221008/1665213804.png      

        光科ホログラフィーは超構造マイクロナノ材料の研究開発と製造に従事する国家ハイテク企業として、国家が導入した海外のハイレベル人材である郭濱剛博士によって設立された。企業は超構造フォトニック材料分野の基礎研究と応用技術及び製品の開発に力を入れ、超材料分野の核心技術と自主知的財産権を持ち、国家戦略新興産業に属する「フォトニック結晶構造に基づく超構造フォトニック材料」及び「マイクロナノ構造設計に基づく先進機能材料」などの新材料製品を研究製造する。


uploads/image/20221008/1665211946.jpg     

        今回、光科ホログラフィーが2021年の「科創中国」ランキングに輝いた新鋭企業は、研究開発の実力においても、人材陣の建設においても、新鋭の代表性を備えている。光科が未来の革新を続ける技術の加持の下で、世界をリードする光子材料産業の先鋒となる素晴らしいビジョンを一日も早く実現することを願っている。