会社のニュース

南山区委員会衛生工委劉春暁書記一行が光科ホログラフィーに来場

Published on: 2022-08-17    125 Reading olume

          8月17日午前、南山区委員会衛生工委書記、南山区衛生健康局党組書記、局長、協和医科大学深セン病院党委員会書記劉春暁、南山区疾病コントロールセンター副主任段永翔一行が光科ホログラフィーを訪れ、会社会長の郭濱剛、副社長の蔡燕青らが接待と座談会に参加した。


uploads/image/20221008/1665213321.png



          劉春暁書記は光科ホログラフィーの発展報告を真剣に聴取した後、光科の近年のフォトニック結晶材料における技術的突破に十分な肯定を与えたと同時に、光科が疫病発生初期に政府の長期的な消殺材料の研究呼びかけに積極的に影響を与え、疫病の常態化防止のために物資の準備を整えたことを喜んだ。


uploads/image/20221008/1665216503.png


          郭濱剛董事長は光科長効果消殺材料の消殺メカニズム、技術的優位性及び製品応用、第三者検査認証などの状況を詳しく紹介した。南山区衛健局及び疾病管理センターの各指導者は光科のこの製品に対して高度な評価を与え、光科技術とマーケティングチームとこの材料の将来の応用について十分な交流と熱烈な討論を行った。南山区疾病コントロールセンターの段永翔副主任は光課長効果殺菌製品の国家級新材料認証申告などの仕事に対して現場指導を行い、光科学チームに大きな鼓舞と自信を与えた。


uploads/image/20221008/1665214566.png


          光科長効果消殺材料は2021年末に国家消号届出を獲得して正式に市場に投入され、わずか半年で深セン羅湖検査所、深セン園嶺街道弁公室傘下の各コミュニティ、江西カン州章貢区衛健委員会、成都ハイテク区傘下の各街道などの抗疫病一線で使用されている。この材料は更に人体に対して無毒無刺激、自身の無色無味無腐食性、ノンアルコール無塩素、低濃度強力殺菌持続72時間などの際立った優位性でアルコール、84などの伝統的な短効果消毒剤の代わりに大衆に広く受け入れられ、愛されている。


          現在、光科長効果消殺材料はスイスSGSの多菌種殺菌検査に合格し、いずれも99.99%以上の殺菌効果を達成または超えている、経口、吸入、皮膚刺激性及び染色体の4つの方向における実験測定は、いずれも光科長効果消殺材料が実際に無毒であり、人と環境に優しく、既存の消殺材料の代替品となり、大量の人力物質力を節約することが期待されていることを証明した。光科長効果消殺材料はすでに多種の製品形態で環境消殺分野に応用されており、例えば、長効果能動消殺機能を有するエレベーターボタンフィルム、ドアノブなどのウイルスが付着しやすい地域に対する重点防護製品であるハンドヘルド、輸送中のウイルス付着を防止する抗菌包装フィルム、長効果殺菌効果が1年以上に達する抗菌塗料などがある。


          将来、光科は公共防疫と個人防護の2つの方向に力を入れ続け、科学技術による疫病対策の新製品で常態化した防疫のために護衛する。