会社のニュース

三菱UFJ銀行の高橋和宏一行が光科ホログラムを訪問

Published on: 2022-07-11    225 Reading olume

          7月11日、三菱日聯銀行(中国)有限公司深セン支店長の高橋和宏氏、三菱日聯銀行(中国)有限公司深セン支店上級マネージャーの陳静氏、一行2人が光科ホログラフィックを訪れ、光科ホログラフィック社長の郭濱剛氏、副社長の蔡燕青氏らから熱烈な接待を受けた。


uploads/image/20221008/1665216087.png


          郭社長が訪れた来賓を率いて会社の現場に展示された代表的なフォトスクリーン製品をいくつか見学した後、双方は会社の会議室でさらに友好的な交流を行った。郭総簡は訪問客に会社の発展過程と未来計画を紹介し、来賓の一致した好評を得た。


uploads/image/20221008/1665220046.png


          高橋和宏支店長によると、三菱UFJ銀行は日本最大の銀行であり、グローバルな銀行でもある。深セン支店は1986年に開設され、業務範囲は深セン、東莞、恵州、福建省、広西チワン族自治区など華南の多くの地域をカバーし、日系企業を中心に全面的な銀行業務を展開している。顧客対象には台湾系、香港系、韓国系、中国系企業なども含まれている。一方、深センは国家革新型都市、「中国のシリコンバレー」として、近年も多くの日本の大企業のトップが視察に訪れ、深センの科学技術企業との協力の機会を検討している。深センの日系企業も深セン企業の先進技術を借りて新製品を開発し、顧客満足度を高める需要がある。光科ホログラフィーは世界トップクラスのフォトニック結晶材料のコア技術と独自の知的財産権を持ち、フォトニック結晶型光学フィルムの開発と生産を行っている会社であることがわかりました。製品の多くは日系企業に採用されており、貴社の創始者である郭博士はかつて日本の東京大学と富士通で研究に従事していました。この旅を通じて、貴社の製品と応用シーン及び今後の発展の方向を理解した後、私たちはこの機会に貴社と連絡を取り、相互信頼の理解を増やし、貴社と日本の科学技術会社の架け橋になることを望んでいます。


uploads/image/20221008/1665215794.png


          郭博士はこれに対して心から感謝の意と熱烈な歓迎の意を表し、この機会に三菱UFJ銀行(中国)有限公司と友好的な関係を構築し、三菱UFJ銀行を通じてより多くの日本の科学技術企業と連絡と協力関係を構築し、より広い市場を開拓することを望んでいる。